シスタープリンセス関連のページ

 (2016年3月9日更新)

概要

 (2016年2月23日更新)

 シスタープリンセスには

の2つのアニメがあった。その各々について感想を述べていこうと思う。誰推しかは・・・想像にお任せしよう。。。

その他、キャラソンなどもシリーズを通して結構充実していたかと思う。「シスタープリンセス」という12人の声優でCDなどもリリースされていた。出演していた声優も結構豪華であった。

もともとは電撃G'sマガジンの企画である。(今は電撃G'sマガジンといえばラブライブ!かもしれないが)。そのメディアミックス展開の1つである。他にはゲームなどが展開されていた。

 また、当時は結構な数のファンサイトがあった。当時いくつか拝見させていただいていたことを覚えている。


シスタープリンセス(無印)2001年

 (2016年2月17日更新)

 シスプリと略されるやつである。12人の妹が出てくるという現実にはだいぶありえない話。全26話。主人公、海神 航が高校受験に失敗してプロミストアイランドという島で12人の妹と生活していくという話。最初は主人公は島を出て行こうと数回試みるが、何れも失敗に終わる。そして次第に島の生活に慣れていく、というものである。

電子メールと呼ばれる時代

 ちなみに毎回話のどこかに主人公などがパソコンでメールのやり取りをする描写がある。当時はまだ携帯電話がさほど普及していなかった時期であった。こういった電子メールの主体はPCであったんだな、とふと思う。

12人もいればうんざりする、かもしれない。

 前述の通り、12人の妹と共に生活をしていくことになる。つまり、常に大人数が主人公に関わっていくことになる。これにうんざりするような描写も見受けられる。このシリーズの主人公、嫌いじゃなかった。

13人目のニセモノ

 前述の通り、妹の数は12人なのだが、アニメ第1期は13人目の「ニセモノ」眞深がいる。実は主人公を島から連れ戻そうとする刺客のようだが。。。

どちらかといえばギャグ要素が強いかもしれない。

 後述の第2シリーズと違ってギャグ要素が強かったのは否めないところであろう。山田という自称、航の親友あたりは明らかにギャグ要員であろう。

じいや?!

 後述のRepureでのじいややその他のメディア展開のじいやとは異なるじいやであり、本当にじいさんである。不動産屋だったり船乗りだったり、様々な姿をして航の前に現れる。どうやら陰で航のことを見守っているようだ。


sister princess Repure 2002年

 (2016年2月17日更新)

 2002年に放送されたシリーズ。第2期とも。無印のときよりは作画が良くなった、という印象はある。

 アニメは2部構成でストーリーズ(13話構成)と12人のキャラクターのそれぞれの話をアニメにしたキャラクターズ 、となっている。

 ストーリーズのほうは色々な妹が出てくる話。キャラクターズは1人の妹に焦点を当てていくというもの(後述)

1) ストーリーズ

 第1話は可憐(ヒロインなのか?)の話。可憐が一番王道キャラ、ということになっているようだ。街の設定が結構自分好みで、つい見入ってしまった。劇中に度々路面電車が出てくる。兄役の声優さんは前作とは変わった模様。

また、前作と違い、兄のキャラクターも結構変わっている。(見た目こそにてはいるが)。どちらかといえば、今作では頼れる存在となっているようだ。

 最終回は30分まるまるストーリーズ。クリスマスに関する話。最後にクリスマスの曲が出てくる。

じいや!?

 第1期のじいやとは違い、第2期のじいやは亞里亞の家に仕えるメイドである。実際はじいやという名前ではないようだが、亞里亞にはじいやで定着してしまっているようだ。

前作の奴らが!?

 一瞬だが、前作の山田や眞深らしき人物が登場する。

2) キャラクターズ

 後半10分ちょい。オープニング曲の「A girl in love」っていう曲は結構好きな部類に入る。岡崎律子さん作曲の曲。12人の妹それぞれにエンディングテーマが設定されているのだけど、どれも結構いい曲。劇中に流れるBGMも結構良い。春歌あたりのBGMが結構好きだった。四つ葉あたりの話も結構良かったかな。


曲紹介など

 (2016年2月23日更新)

前述のとおり、出演声優などがユニットを組んだりしている曲も多々あり、曲数としても膨大なものになっている。

A girl in love

 RepureのキャラクターズのOP。12人の歌声や岡崎律子氏の歌声など、様々なバージョンが存在する。

デイジーブーケ

 可憐のキャラソン。

恋のメロディー

 これも可憐のキャラソン。曲の時間が結構長い、かもしれない。

Girish

 咲耶のキャラソン。

lyric

 Repure、キャラクターズにおける可憐のテーマ。様々なバージョンが存在する。

Be happy, please!

 Repure、キャラクターズにおける四葉のテーマ。これもまた様々なアレンジが存在している。

その他

 (2016年3月9日更新)

2016/3/9 PS版シスタープリンセス15周年

ウェブ日記のほうに先に書いてしまったが、PS(プレイステーション)版シスタープリンセスが2016年3月8日で15周年を迎えたそうだ。時の流れというものは早いものである。。。

inserted by FC2 system